特集 施設の整備・再生産を考える

2024年0710 福祉新聞編集部

福祉施設の老朽化への対応は、各種経費の高騰と補助金の縮小等によりそのハードルが高くなっている。

老朽化に対応しサービス提供を継続していく「整備・再生産」を実現するには、

中長期的な事業計画と適切な財務管理が必要であるとともに、時代に合った建替・改修や、変化する利用者や地域の状況への対応が期待される。

建築・建物管理、法人・施設経営の面、さらに建替・改修等の実践を通じて、整備・再生産のポイントを確認する。

 

▼論文Ⅰ
施設の整備・再生産を巡る経営環境―法人・施設経営データより
独立行政法人福祉医療機構 経営サポートセンター リサーチグループチームリーダー 濵谷真之

▼論文Ⅱ
建築・建物管理の視点から見る整備・再生産のポイント
東京大学大学院工学系研究科 准教授 松田 雄二

▼レポートⅠ
本人の望む暮らしを続けられる住まいづくり―障害のある人の高齢化に対応するホーム
社会福祉法人こころみる会障害者支援施設こころみ学園 業務執行理事・施設長 草間 和斗

▼レポートⅡ
既存の公共施設を活用した新たな福祉の拠点づくり
社会福祉法人槇の実会 総務部長 在田 創一

▼レポートⅢ
増設・改修後の施設でより一層地域課題に対応
社会福祉法人サンライズ 理事長 神田 明啓

▼レポートⅣ
ZEB活用で快適な室内空間を―老朽化した施設を先駆的で誇れる建物に
社会福祉法人五常会 事務局長、特別養護老人ホーム瀬戸の里 拠点長 向 晃良

▼論文Ⅲ
施設の再生産に求められる財務管理のポイント
一般社団法人福祉経営管理実践研究会 会長、公認会計士・税理士 林 光行

【グラフ21】
大阪府/社会福祉法人水と緑の地球と 生野こもれび保育園
多様な文化を背景にもつ子どもたちがともに過ごす

【ウオッチング2024】
淀川キリスト教病院 名誉ホスピス長 柏木 哲夫さん
死にゆく人に寄り添うということ

 

頁数 104ページ
価格 1,170円

https://www.fukushinohon.gr.jp/book/b10086308.html